LUNA NEWS

2014年2月27日 木曜日

一般不妊医療と高度生殖医療

10組に1組は悩んでいると言われる不妊症の治療は、一般不妊医療と高度生殖医療に分けられます。

一般不妊医療とは、タイミング療法や排卵誘発療法、人工授精などを指します。
こうした一般不妊医療でも妊娠に至らない場合は、体外受精や顕微受精などの高度生殖医療を選択することになります。

人工授精は子宮の中に直接精子を注入する方法ですが、体外受精は取り出した卵子を精子と受精させ、細胞分裂がはじまる受精卵になってから子宮に戻します。
体外受精でも妊娠しない場合は、顕微鏡を使って卵子にバイパスを作り精子を注入する顕微授精もあります。

当ホームページの料金、治療成績のページには、各治療の料金や妊娠率を掲載しています。
その内容を参考にしていただき、不妊にお悩みの方はお気軽に苦しいお気持ちを話にいらしてください。

投稿者 ルナレディースクリニック

新着情報

一覧を見る

2018/12/11

順番取りシステムが変更になりました。

2018/10/10

学会参加のため、10月27日(土)13:00まで 10月28日(日)休診させて頂きます。
よろしくお願いします。

2018/07/23

8/11(土)〜8/15(水)まで休診。
8/16(木)から通常通り診察しますのでよろしくお願い致します。

2018/07/23

7/25(水)〜7/27(金)院長学会出席のため休診とさせて頂きます。
ご迷惑お掛けしますがよろしくお願い致します。

2018/04/23

ゴールデンウィークのお知らせ
4/29(日)通常通り
4/30(月)〜5/5(土)まで休診。
5/6(日)〜通常通りの診察になります。
よろしくお願いします。

アクセス


大きな地図で見る〒590-0951
大阪府堺市堺区市
之町西3丁目1-43 T&Nビル2F

お問い合わせ 詳しくはこちら
携帯サイトはこちら